葬儀を勤めるにあたり

 大切な方がお亡くなりになったとき、現状では、まず葬儀社に連絡されることが多いようですが、お付き合いのあるお寺がある場合は、必ずその旨を葬儀社にお伝え下さい。慌てることなく葬儀の準備を進めるために、事前にお寺に相談されるのも良いでしょう。

 当院とまだご縁のない方のお通夜・葬儀もお勤め致します。お気軽にご相談下さい。

 また、お布施のことでご心配があるときも、お気軽にご相談下さい。

仏事としての葬儀

 私たちはかけがえのない人を亡くした時、心の中を様々な思いが駆けめぐります。

 「どうして死んでしまったのか」「悲しい」「悔しい」「残念だ」「かわいそうに」等。

 それでも、とにかく葬式は出さなければなりません。深い悲しみに沈んではいられないほど、次々と現実の問題が起こってきます。どうか落ち度のないようにと思いつつ、親戚や友人・ご近所の方々の手を借りて葬儀は行われていきます。

 残された遺族はもとより、お手伝いされる方や会葬される方の誰しも「鄭重に送ってさしあげたい」と思いながら葬儀を勤めていくのですが、ともすると葬儀の形のみに目を奪われて「仏事としての葬儀」という大切な意味を見失っているように思われます。

 

 「葬儀の場」とは、(1)先立たれた方とのご縁、(2)故人と出あった人々とのご縁、そして(3)仏さまとのご縁が結びついている場です。そして、この三つのご縁が出あうところに、葬儀の宗教的な意味が生まれます。

 

 「葬儀」は、ひとりの人間の死という事実を、私たち一人ひとりが自分自身の問題として受け止め、大切な方との死別という悲しみを通して自らの「いのちの問題」を仏さまの教え(仏法)に聞き、仏さまのお慈悲にあわせていただくご縁となります。

 身近な人の死という悲しい事実を通して、「仏法」に出あっていく。自らの人生の依りどころを「仏法」に聞いていく。そこに「仏事としての葬儀」を勤めるということの意味があります。

 

 このように、葬儀は亡くなった方のためだけのものではありません。遺族や親族をはじめ、友人・知人など残された方々のための儀式でもあるのです。

 また、葬儀を通して、人と人との繋がりの中で、お陰さま、お互いさまで生きていることを再認識することができれば有難いことです。

 

 近年は、ごくごく身近な親族だけで勤める葬儀が増えてきました。周りに気を遣うことなく、故人と最も縁のあった者だけで、静かに送ってあげようという気持ちも理解できます。しかし、故人も生前、多くの方とのご縁があり、数々のお陰で人生を送られたということを考えてみることも大切ではないでしょうか。

法名について

 浄土真宗の法名は、宗祖親鸞聖人が自らを「釋親鸞」と名乗られて以来、「釋○○」と、必ず「釋」の字を用います。浄土真宗では戒名とは申しません。

 この「釋」の字は、仏教をお開き下さったお釋迦様の「釋」の字で、法名は仏弟子であることを表しており、南無阿弥陀仏(本願念仏)のみ教えを聞き、本願念仏を依りどころとして生きていく者としての名前です。

 浄土真宗のみ教えは、みな等しくともにお浄土への道を歩ませていただくという教えなので、「釋○○」の下に居士・大姉・信士・信女などは用いません。

「お清めの塩」について

 「清め塩」は、現在ほとんどの葬儀で会葬者にお礼状と共に渡されています。そして、この「清め塩」で「お清め」することが当たり前のように行われています。「清め」というからには、何かの「穢れ」を除くという意味があるのでしょう。そこには、「死」を「穢れ」とする考え方が根底にあります。

 家族や親戚そして友など、大切な方々の「死」を穢れたものとしてお清めするとしたならば、それは何とも悲しく痛ましい行為ではないでしょうか。

 仏教では決して「死」を「穢れ」と受け止めることはありません。そして「死もまた命のすがたである」と受け止めます。

 必ず命終っていかなければならない私たちに、仏様の救いが説かれているのです。

 

 浄土真宗では「清め塩」は必要としません。